2021.4.24

【日本の常識がマナー違反?】驚きの韓国の食事マナーについて解説!

日本では当たり前だと思っている食事マナーは他国へ行けば、非常識とされるケースがあります。

お隣の国、韓国も例外ではありません。韓国ドラマを鑑賞していて、びっくりするような食事マナーを目にすることもあります。

例えば、立て膝やあぐらをかいて食事をしていたり…。

 

しかし、それぞれの国の食事マナーや習慣は、調べていくと、納得できる理由や背景があって、とても奥が深いことが分かりました!

そこで今回は、韓国の食事マナーについて紹介します。

「郷に入っては郷に従え」ということわざもありますので、韓国旅行を検討されている方はチェックしてみてくださいね♪

 

 

①お茶碗は持ち上げない!

韓国では、食事の際に器を持ち上げて食べることは基本的にマナー違反です。

日本では器を持たずに食べることがお行儀が悪いとされているので、正反対の行為ですね!

韓国の食事では器はテーブルに置いたまま、スプーンや箸で食べ物を口まで運びます。

 

器を持ち上げないというマナーが出来た理由は、器が熱くて持てなかったからだそうです。

韓国にはステンレス製の食器が多く、熱々のご飯やスープを入れると器が熱くなり持てなくなってしまいます。

そこから必然的に、器を置いて食べるという習慣が出来上がったのですね。

 

【韓国の食器について】

韓国の食事といえば、金属製の箸やスプーンを使用する点が特徴的です。日本は木製で絵柄が付いた箸が多いので、カルチャーショックを受ける方もいらっしゃるかもしれませんね。

この食事文化が生まれた背景には、韓国の歴史が深く関わっています。

韓国では昔、王族が食事をする際に、毒が入っていないかを確認するために金属製の食器を使用していたそうです。銀製の食器は毒物(ヒ素)に反応して、青や黒に変色する特徴があります。韓国の時代劇では、この暗殺シーンがよく描かれるみたいですね。

 

一方の一般庶民は銀を手に入れることが難しく、似たようなものを安く作り、広く普及したものが今のステンレス製の食器だそうです。

 

②立て膝で食事OK!

韓国では、女性があぐらをかいたり、片膝を立てながら食事をしてもOKです!

日本だと「お行儀が悪い」と怒られそうでドキドキしますね…。

やはりこのマナーにも韓国の歴史と文化が大きく関わっています。

 

その理由は、韓国の伝統「韓服」を日常的に着ていた頃の文化で、片膝を立てて床に座るほうが美しく見えるからです。

「韓服」というのは、「チマチョゴリ」のことで、日本の着物と違って裾がふんわり広がっているのが特徴です。

また、給仕のために動きやすいという理由もあるそう。この立て膝の習慣は、洋服を着る現代になっても続いています。

 

ちなみに、日本人のお座敷でのマナー「正座」は、韓国人にとっては「罰を受ける座り方」という認識だそうです…。

国によって形成される文化が全く違うのですね。

 

③直箸が基本

韓国では、大皿料理を共有するとき「直箸」が基本です。各自が直接箸でつまみ、そのまま口に入れる、この繰り返し。

韓国には取り箸がないので、鍋やおかずも皆でつついて食べます。

親しい人同士であれば、ホールケーキも切り分けず、そのままつついて食べるそう…。

 

一方の日本では、取り箸で小皿に取り分けて食べるのがマナーですよね。

もちろん、日本でも直箸は見かける行為ですが、マナー違反という認識があると思います。

取り箸がない場合は、逆さ箸にすることもあるくらいです。

 

この直箸OKの習慣が広がった理由は定かではありませんが、一緒に同じものを食べるのとお互いの連帯意識を高められるとの考えのようです。

しかし近年、韓国内で賛否両論分かれていて、直箸を避ける人も増えているようです。

時代とともに、食事マナーもアップデートされていくのですね。

 

④お通し無料!おかわり自由!

韓国の飲食店に入って驚くのが「お通し」の品数です!

メインメニューをオーダーすると、サービスでサイドメニュー(キムチやナムル等)の副菜が4~5品ほど出てきます。

これらは全て無料で、おかわりもできるんだとか。1品注文するだけでとても豪華な食事になりますよ!

韓国旅行の際は、頼みすぎにご注意ください♪

 

しかし、このサービスが生まれた背景には、「お客さんにはたくさんの料理でおもてなしを」という韓国の思想からきているので、全部食べきらず残してもOKです。

食事を残すことは、「お腹いっぱいの食事をありがとう」という意味だと韓国では考えられています。

これもまた、日本と正反対ですね。キレイに食べてもマナー違反になるわけではないのでご安心ください。

 

韓国旅行に行く前に、韓国グルメを味わおう♪

いかがでしょうか?

韓国の食事マナーを調べていくと、歴史や時代背景、考え方もみえてくるのでとても面白いですね。

今回は4つ紹介しましたが、日本と違うマナーや文化はたくさんあります。

興味のある方は調べてみてくださいね♪

 

さて、韓国旅行に行きたくても、このご時世なかなか厳しいですよね。

そこで韓国グルメを食べて、韓国旅行気分を味わってみてはいかがでしょうか?

溶岩焼きビビンパ専門店『ファルファサン』は、大阪・東京など全国のUberEats(ウーバーイーツ)で韓国グルメを出前・デリバリー受付中です!

ご自宅やオフィス、出張先、ホームパーティ、または「今日のごはんはちょっと手抜きしたい」そんな時の食事としてもピッタリ◎

ぜひ、みなさんもお近くの店舗で注文してみてくださいね!

店舗情報はコチラ!

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー