2021.5.13

【2021年】「第4次韓流ブーム」ってなに?韓流ブームの過去と現在を徹底解説!

画像引用:NiziU 公式Twitter

2021年に入り、「愛の不時着」「梨泰院クラス」「NiziU」「BTS」などドラマやK-POPが大流行。
現在「第4次韓流ブーム」が巻き起こっていると言われています!
そこで今回は、「第4次韓流ブーム」について詳しく解説。
日本で起こった韓流ブームの歴史も一緒に振り返っていきましょう!
最後に、第4次韓流ブームでどんな韓国グルメが流行っているのかも教えちゃいます!

2020年流行語大賞にノミネート

「第4次韓流ブーム」というワードは、2020年のユーキャン流行語大賞に突如出現しノミネートされました。
TOP10入りこそ叶わなかったものの、関連ワードである人気ドラマ「愛の不時着」はTOP10入り。
韓流ブームの勢いを強く感じるランキングとなりました。

第4次韓流ブームまでの流れ

ここで、日本で今までに起こった韓流ブームを時系列順に辿っていきましょう!
「こんなこともあったなぁ」と懐かしみながら読んでみてくださいね♪

第1次韓流ブーム
(2003年~2004年)

画像引用;https://www.lala.tv/programs/fuyusona/

日本で初めての韓流ブームは、2003年~2004年に放映された「冬のソナタ」こと「冬ソナ」がきっかけでした。みなさま覚えていますか?
ヨン様ポーズが爆発的に流行し、話題になりましたよね。
日本のドラマとはまた趣の違うドラマティックさが日本の視聴者にはとても斬新でした。
その後も「チャングムの誓い」などのドラマがヒット。
第1次韓流ブームは主に韓流ドラマがきっかけで巻き起こっていました。

第2次韓流ブーム
(2010年~2011年頃)

画像引用:https://ameblo.jp/sin-kor/entry-10571749095.html

2010年頃から、東方神起・KARA・少女時代・BIGBANGなどのK-POPグループが台頭していき、次々と日本メディアに進出してきました。
それまでは東方神起やBoAなど韓流アーティストの人気はあったものの、K-POPブームとまでは至っていなかったのが
ここに来て一気に、若者の心を掴む爆発的なK-POPブームとなったのです。
2011年には紅白にも韓流アイドルが出場するなど日本国内で一大市場規模を築き上げたものの、2012年ごろには本国でアイドルグループが飽和状態となり、日本においてもブームは一旦落ち着く形となりました。

第3次韓流ブーム
(2016年~2017年)

第3次韓流ブームは、主に韓国グルメがきっかけで巻き起こりました。
同時期に「インスタ映え」が流行、競うようにインスタ映えするグルメが次々と生まれました。
とろ~りチーズが美味しそうな「チーズタッカルビ」やカラフルなスイーツなどの韓国グルメはまさにインスタ映えにうってつけ
加えて、オルチャンメイクプチプラファッションなど美容の面でも盛り上がりを見せました。
今までのブームと明らかに違うのは、メディア発信ではなく、SNSの投稿などユーザー発信で生み出されたという点でした。

ステイホームがもたらした第4次韓流ブーム
(2020年~)


画像引用:https://www.netflix.com/jp/title/81193309

そして現在は、「第4次韓流ブーム」に突入したと言われています。
2020年4月頃から、未曾有のコロナウイルスが原因でステイホームを余儀なくされ、現在もその影響は留まるところを知りません。
「おうち時間」「おうちグルメ」などステイホーム関連の単語が一般化。
外出で楽しむレジャーでなく、自宅での時間をいかに充実させるかという楽しみ方にシフトしています。


画像引用:https://www.netflix.com/jp/title/81159258

それに伴い急成長を遂げたのが余暇の定番のお供「映像配信サービス」。
NetflixやAmazon prime video(アマプラ)、U-NEXTなどでドラマや映画を気軽に楽しむ人数が爆発的に増加しました。そんな中、Netflixで配信されている「愛の不時着」「梨泰院クラス」を始めとする韓国ドラマが面白いと一気に話題に。
また、映画「パラサイト 半地下の家族」はアカデミー賞4冠を受賞し、日本の地上波でも放送されるなど、こちらも大きな話題となりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NiziU(@niziu_info_official)がシェアした投稿

日韓共同ドキュメンタリー「Nizi project」からデビューした「NiziU」の勢いは現在もとどまるところを知りません。
在宅時間が長くなったことで、今まで韓流に触れていなかった層まで巻き込んで起こったのが現在の「第4次韓流ブーム」なのです。

「第4次韓流ブーム」のトレンドグルメは!?

現在のブームの火付け役「愛の不時着」「梨泰院クラス」の2作品に共通して登場するのが「チキン」です。

関連記事
人気韓国ドラマに出てくる「あの」韓国グルメの作り方!?

クリスピーチキンとヤンニョムチキンは、韓国グルメの大定番。
「第4次韓流ブーム」の影響で、韓国の大手チェーン「bb.qチキン」「ネネチキン」などのチキン専門店が日本に進出。
今、若者の間ではチキンブームが巻き起こっているのです!

2021年のトレンドグルメを今すぐデリバリー!

とはいえ、コロナウイルスの影響もありまだまだ外食するのは怖いですよね。
でも溶岩焼きビビンパ専門店「ファルファサン」なら、話題のクリスピーチキン・ヤンニョムチキンを今すぐデリバリーで注文できるのです
(※一部店舗は取り扱いのない場合がございます)

対応エリアは全国!
今すぐ最寄りの店舗を検索して、UberEatsで注文してみてください♪

▼お店の詳細はこちら▼
https://farfasan.com/wp/shop/

 

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー