2021.7.20

予防が大事!夏バテ対策になる食べ物とは?夏バテ診断付き

暑い夏に扇風機で涼む女性

梅雨はジメジメと蒸し暑いし、真夏は暑くて冷房がかかせない…。

そんな日が続いて、食欲がなくなったり、身体がだるくなったりしていませんか?

それは「夏バテ」かもしれません!

 

今回の記事では、夏バテ対策になる栄養素と食べ物を紹介します。

栄養をしっかり取って、暑い夏を元気に過ごしましょう!

夏バテ診断が付いているのでチェックしてみてくださいね。

 

夏バテってどんな症状?当てはまったら夏バテかも!

夏バテした犬のイメージ

夏バテの主な症状をもとに、チェックシートを作成しました。

自分の症状や夏の行動をチェックしてみてください。

【症状編】
☐食欲がない
☐体がだるい
☐やる気がでない
☐めまいや立ちくらみがする
☐頭痛がする

【行動編】
☐冷房がガンガンに効いた部屋にいることが多い
☐冷たい飲み物をよく飲む
☐あっさりしたものや麺類ばかり食べている
☐寝苦しくて眠れないことが多い
☐冷房をつけたまま寝ている

 

3つ以上当てはまった人は「夏バテ」の可能性が高いです!

まずは、無意識に行っている生活習慣を振り返ってみてくださいね。

 

(参照:日本成人病予防協会

どうして夏バテするの?

暑がっている女性のイメージ

夏バテの原因は人によって様々ですが、下記の3つが原因として考えられています。

  1. 屋外と室内の温度差による自律神経のみだれ
  2. 暑さによる食欲の低下・栄養不足
  3. 胃腸の不調

では1つずつ解説していきます。(参照:日本成人病予防協会

 

①屋外と室内の温度差による自律神経のみだれ

自律神経は、体温が上がると発汗し、体の熱を外に逃がす働きがあります。

汗をかくことで体温調節をしているのですね。

しかし、夏は屋外と室内の温度差が激しくなるので、度重なる温度調整に自律神経が疲れてしまいます。

その結果、自律神経が乱れ、体のだるさやめまい、立ちくらみといった症状が現れるのです。

また、汗をかきたくないからといって水分を控えてしまうと、熱中症のリスクも高まるので注意しましょう。

 

②暑さによる食欲の低下・栄養不足

暑い夏はどうしても食欲が下がり気味になりますよね。

火を使った料理は暑苦しいし、食事を取るのさえ面倒に感じることもあるでしょう。

だからといって、冷たい食べ物や簡単なものばかり食べていると栄養が偏ってしまいます。

暑さで身体が疲れやすく、汗をかくとミネラルも失いがち。バランスの取れた食事が大切です。

 

③胃腸の不調

自律神経が乱れると、胃腸の働きも低下します。

その上、冷たいものを飲んだり食べたりすると、さらに胃腸が冷えて弱ってしまいます。

その結果、食欲不振や消化不良、身体のだるさなどに繋がります。

 

夏バテ対策になる食べ物3選【冷蔵庫にある食材でOK】

野菜が並んでいるイメージ

あっさりしたものやつるつるっと簡単に食べられる麺類ばかり食べていませんか? 夏バテ対策には、不足しがちな栄養素をしっかり補給することが大切です。

鶏肉や豚肉【ビタミンB1・たんぱく質】

鶏肉や豚肉には「たんぱく質」が豊富です。

たんぱく質は、筋肉や臓器、肌、髪など、人間の体をつくる上で必要な栄養素です。

夏は体力を消耗しやすいので、しっかりと補給しましょう。

また、鶏肉や豚肉には「ビタミンB1」も豊富に含まれています。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えてくれるので、疲れにくくなったり、疲労回復に役立つといわれています。

土用の丑の日で有名な「うなぎ」もビタミンB1が豊富です。

 

梅干し【クエン酸】

梅干しの酸っぱさの正体は「クエン酸」です。レモンなどすっぱい果物に豊富に含まれています。

クエン酸には、食欲回復や疲労回復、ミネラル吸収促進などの効果があるといわれています。

「梅はその日の難逃れ」ということわざがあるように、昔から体に良いものとして食べられていたようです。

梅干しを食べることで、唾液がたくさん排出され、胃の働きが活性化するという効果も。

しょうが

しょうがに含まれる「ジンゲロール」という成分は、血行を良くし、発汗を促す作用があります。

しょうがを食べると体がポカポカしますよね。

冷房などで身体の冷えが気になる場合には、生姜の入ったスープがおすすめです。

 

口当たりの良い食べ物だけでなく、上記の食べ物を意識して食生活に取り入れてみてくださいね。

韓国式にも挑戦!夏バテ予防は「参鶏湯」で対策しよう

土曜の丑のイメージ

日本には「土用の丑」の日がありますよね?

うなぎはビタミンB1をはじめ、疲労回復に良いとされる栄養がたっぷり。

そのため、夏の暑い時期に、夏バテ予防の意味を込めて「うなぎ」を食べる風習があります。

 

実は、韓国にも似たような風習があり、「伏日(ポンナル)の日」と呼ばれています。

伏日の日には「参鶏湯(サムゲタン)」を食べるそう。

韓国では、夏の熱さが厳しくなる7月~8月に「参鶏湯」を食べると、その年は健康に過ごせると言われているとか。

参鶏湯は、日本でいう「うなぎ」のような存在になっているんですね。

 

参鶏湯とは、鶏のお腹の中に、高麗人参やなつめ、にんにく、もち米などをたっぷり詰めて煮込んだ韓国料理です。

参鶏湯

滋養強壮に効果があるといわれており、韓国では薬膳料理として知られています。

 

「参鶏湯」を自宅で楽しむならデリバリーが便利◎

デリバリーの配達員

参鶏湯は自宅で手作りするのはちょっと大変。かといって、外食しづらいご時世ですよね…。

そんなときはデリバリーをぜひご活用ください♪

 

溶岩焼きビビンパ専門店ファルファサンは、ビビンパをはじめとした韓国料理をデリバリーしているお店です。

今回紹介した「サムゲタン」もデリバリーでご注文いただけます!

参鶏湯

(※一部取り扱いの無い店舗がございます。)

鶏肉の旨味がにじみ出た濃厚なスープ。鶏肉は、お箸を入れればホロホロと崩れるほどの柔らかさです。

ぜひお試しください♪

ご注文は全国のUber Eatsでご注文いただけます◎

SHOP一覧をみる

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー