2021.7.23

夏の冷え性の原因と対策!韓国に学ぶ「温活文化」とは?

オフィスが寒くて辛い女性のイメージ

「オフィスが寒い」「夏なのに手先が冷える」と、夏の冷え性に悩んでいませんか?

体の冷えは寒いだけでなく、体の不調を引き起こす女性の大敵です。

夏冷えする原因を知って、食事や生活習慣を見直してみましょう。

今回はさらに、韓国の温活文化を紹介します。

体を温める食事を取り入れて、夏の冷え性を対策しましょう。

 

夏冷えする原因とは?

体調不良の女性のイメージ写真

夏の冷え性とは、屋外は暑いのに、手足の先はいつも冷たくなっている状態です。手足だけでなく、お腹や腰などに冷えを感じる人もいます。

 

①温度差

夏冷えの原因のひとつは「冷房」です。オフィスや通勤の電車、デパート、商業施設など、街の至るところが冷房で冷えています。

 

冷房の効いた室内にいると、身体の熱を外に逃がさないように血管が収縮します。

この現象は身体の機能なのですが、暖かい環境に戻っても血管が収縮した状態が続くことがあります。その結果、血流が悪くなり、身体の末端である手足から冷えていくのです。

 

さらに、屋外と室内の温度差が激しいと、体温を調整する自律神経がうまく働かなくなります。

この自律神経の乱れは、冷えだけでなく、身体のだるさやめまい、頭痛など、さまざまな身体の不調を引き起こすこともあります。

 

②食生活

「食事」も冷えの原因です。暑くなると、冷たい飲み物や冷たいものを食べたくなりませんか?

キンキンに冷えた飲み物は、身体を急激に冷やします。そして身体の冷えの原因に。それだけでなく、内臓が冷えるので、お腹を下しやすくなります。

 

冷たいアイスを食べると内臓は4℃近く下がるといわれています。内臓温度が下がると、臓器の機能が低下し、基礎代謝や免疫力が落ちる原因にもなります。

身体が冷たいというだけでなく、病気につながることもあるので注意が必要です。

 

③服装

暑い夏は、薄手の服装やサンダルなど、肌の露出が増えます。肌に直接、冷房の風が当たると身体が冷えてしまいます。

その結果、血流が悪くなり、手足の冷えにつながります。血の巡りが悪くなると、老廃物が残り、身体のだるさの原因にもなります。

 

夏の冷え性対策3つ!【食事・服装・生活習慣】

温かいドリンクを飲む女性

冷房や冷たい飲みもの、服装など、夏になれば当たり前に取っている行動が身体を冷やしています。生活習慣を少しだけ見直して、夏冷え対策をしましょう。

簡単に対策できる方法を3つ紹介します。

 

1.温かい食事をとる

暑いときでも、常温か温かい飲み物、食事を心掛けましょう。

冷たい飲み物は身体や内臓を冷やします。食事の際には温かいお味噌汁やスープを飲むなど、身体を温めることを意識してみてください。

唐辛子、生姜、胡椒、ニンニクには身体を温める作用があるので、取り入れてみてください。

 

2.肌の露出を避ける

カーディガンやストールを持ち歩き、肌の露出を避けましょう。

真夏になれば、屋外と室内の温度差が激しくなります。羽織るものを持っていれば、屋外に入ったときに冷房の風を直接当たらないようにガードできます。

温めるポイントは「首」です。首や手首、足首は太い血管が通っているので、影響を受けやすく、温度が下がりやすいからです。

冬になればマフラーやレッグウォーマーをするように、首を意識して温めてみてください。

 

3.お風呂で温める

暑いからといってシャワーで済ませていませんか?

39℃程度の湯舟にゆっくり浸かりましょう。熱すぎると刺激が強く、逆効果なので注意が必要です。

お風呂に入り、身体を芯から温める習慣をつくりましょう。

 

韓国の「温活文化」で体を温めよう

韓国の女性が食事をしているシーン

生活習慣を少し見直すだけでも夏の冷え性は対策できます。

ではここからは韓国の冷え性対策を紹介します。

 

韓国は、真冬になると最高気温が零下になり、1月の朝晩にはマイナス6〜7度まで下がる日があります。

韓国には冷え性にあたる「수족냉증(スジョッネンチュン)」という言葉があり、手足の先がかじかむ症状に悩む方がとても多いです。そのため、寒さが厳しい韓国では、日常的に身体を温める「温活文化」がたくさん生まれました。

 

代表的なものでは、

・キムチ(唐辛子やニンニク、ニラ)を使用した韓国料理
・韓国式のサウナ「汗蒸幕(ハンジュンマク)」
・「よもぎ蒸し」

などがあります。

 

汗をかいて身体を芯から温めるサウナは、韓国旅行ではツアーを組まれるほど大人気です。現実的に考えると韓国式サウナは生活に取り入れにくいですよね。

一方の韓国料理であれば、簡単に取り入れることができますよ。キムチを使用した韓国料理で、身体をポカポカ芯から温めてみませんか?

 

【スンドゥブ】唐辛子がたっぷり!

スンドゥブチゲの写真

「スンドゥブ(純豆腐)」とは、豆腐チゲ鍋のことで、韓国では定番の家庭料理のひとつ。

唐辛子ベースの調味料で煮込んだピリッと辛いスープで、やわらかいおぼろ豆腐を使用します。唐辛子、コチュジャン、ニンニク、ごま油などで辛味の味付けをし、最後に生卵を落とすのが特徴です。

唐辛子に含まれるカプサイシンは、血行を促進し、体を芯から温めてくれます。

 

【サムゲタン】薬膳スープで身体がポカポカ

サムゲタンの写真

「サムゲタン(参鶏湯)」は、鶏のお腹の中にもち米や栗を入れ、高麗人参やニンニク、ナツメなどと一緒に煮込んだ薬膳スープ料理です。

高麗人参は滋養強壮に効能があるとされ、ナツメやニンニクなどは体を温める効果があります。

韓国には、日本でいう「土用の丑の日」に似たような風習があります。

「伏日(ポンナル)の日」と呼ばれ、サムゲタンを食べます。サムゲタンは身体を温めるだけでなく、夏バテ予防や疲労回復も期待できるといわれています。

 

 

韓国料理を自宅で楽しむならデリバリーが便利!

デリバリーの配達イメージ

溶岩焼きビビンパ専門店『ファルファサン』は、大阪・東京など全国のUberEats(ウーバーイーツ)で韓国グルメを出前・デリバリーしています。

今回紹介したスンドゥブやサムゲタンだけでなく、キムチがたっぷり入った「ビビンパ」もご注文できます。

ぜひ、お近くの店舗をチェックしてみてくださいね。

SHOP一覧をみる

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー