2021.4.16

【韓国】のスーパー銭湯「チムジルバン」とは?デトックスでキレイになろう!

近年、「ホットヨガ」が日本の女性の間で大流行しています。激しい運動が苦手な人でも続けやすく、たっぷり汗をかいて身体の内側からキレイになれることが人気の理由です♪

汗をかいて老廃物をデトックスすることは、「美」にとって重要な要素です!

 

実は美容大国「韓国」には、日常的にデトックスする習慣があります。それが古くから愛されている「チムジルバン」と呼ばれる温浴施設です。

 

今回は韓国文化のひとつ「チムジルバン」について紹介します。

 

韓国式温泉「チムジルバン」とは?

「チムジルバン」とは、日本でいうスーパー銭湯のような施設です。

何種類ものお風呂やサウナ、休憩スペース、ゲームセンター、食堂を備えているところもあります。

韓国のほとんどの施設が24時間営業で、繁華街や学生街にも多く、若者から年配の方まで幅広い年代の方が利用しています。

 

サウナと言うと高温で蒸し暑いというイメージがありますが、チムジルバンでは50~90℃程度の低温サウナが主流です。

低温なので、スマホを持ち込むことやお菓子を食べることも可能◎デートスポットとしても韓国の若者に人気があるそうです。

 

チムジルバンにある代表的な施設

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAWA(@dailylife____saigon)がシェアした投稿

チムジルバンでは、汗蒸幕や黄土サウナ、塩サウナ、韓方風呂などを楽しめます。

たくさんある中から人気の3つの温浴施設を紹介します。

 

1.「汗蒸幕(ハンジュンマク)」

 

この投稿をInstagramで見る

 

@comaru_08がシェアした投稿

「汗蒸幕(ハンジュンマク)」は、韓国の伝統サウナで、15世紀の文献に出てくるほど歴史があるサウナです。

焼石と黄土を積み上げて造った石窯の内で松の木を燃やし、室内を90~150度の高温にします。

 

ほかのサウナは低温ですが、ハンジュンマクは入っただけで汗が吹き出すほど高温!その石窯の中に、麻布を頭からかぶって入ります。

 

遠赤外線効果が高く、短時間で身体の芯からポカポカになりますよ。汗とともに体の老廃物を体外へ排出するだけでなく、疲労回復やリラックス効果もあり、健康法としても人気です。

 

2.炭サウナ(スッパン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

稲垣沙織(@saori.jyoshido)がシェアした投稿

「炭サウナ」は、空気清浄や脱臭作用があるといわれる炭を利用した低温サウナです。

身体を芯から温める遠赤外線効果に加え、マイナスイオン効果も期待できます。

低温なので息苦しくなく、ゆっくりとリラックスしながら汗を流すことができますよ。

 

3.高麗人参風呂

高麗人参とは、中国や朝鮮半島に自生するオタネニンジンのことで、昔より滋養強壮に効能がある「韓方」の一種です。

乾燥させたものを食用にしたり、エキスを抽出したドリンクやサプリなどにも使用されています。

 

疲労回復や食欲不振、血行不良、冷え症の改善などに効果があります。

滋養強壮に役立つ「高麗人参風呂」はチムジルバンには欠かせないお風呂です。

 

★番外編★若者を中心に「ヤンモリ(羊巻き)」がブーム♪

韓国ドラマ「私の名前はキム・サムスン」で、 キム・ソナがしていたターバンが大ブーム。

羊のような可愛いターバンが若い女性を中心に大流行中です。お風呂に入る際はマネしてみてくださいね♪

 

「チムジルバン」はなぜ人気なのか?

一方、日本のスーパー銭湯は、どちらかといえば「男性人気」が強いイメージがあるのではないでしょうか?近年、「サウナー」「ととのう」などの言葉もよく耳にするようになり、日本でもサウナ流行の兆しが見えます。

 

ではなぜ、韓国では温浴施設「チムジルバン」が広がったのでしょうか?

その理由は大きく2つあります。

人気の理由①

韓国の冬は極寒。真冬になれば最高気温が零下になり、1月の朝晩にはマイナス6〜7度まで下がる日もあります。

そのため、寒さが厳しい韓国では、日常的に身体を温める文化が生まれました。

そのひとつが「チムジルバン」なのです。

人気の理由②

韓国の家庭の浴室は、一般的にユニットバスまたはシャワールームのみ。

たとえ家に浴槽があったとしても、日本と違ってお湯を沸かせるタイプではないので、普段はシャワーで済ませる人が多いのだとか。

そのため、平日はシャワーで済ませ、週末に「チムジルバン」に通う人のが一般的だそうです。休日に湯船に浸かったり、サウナに入ったりして、のんびり過ごします。

 

デトックスで内側からキレイを目指そう!

いかがでしょうか?

今回は韓国の温浴施設「チムジルバン」をご紹介しました。

デトックスできるのはわかっても、日本で実践するのはなかなか難しいですよね。

 

銭湯にいかなくても、ホットヨガに通わなくても、日常的に取り入れられるデトックス方法があるのです。

その正体が「韓国料理」!!

溶岩焼きビビンパ専門店ファルファサンでは、身体を芯から温めてくれる韓国料理をデリバリーしています♪

 

①スンドゥブチゲ

※こちらの商品は一部取り扱いの無い店舗がございます

 

「スンドゥブ(純豆腐)」とは、豆腐チゲ鍋のことで、韓国では定番の家庭料理のひとつ。唐辛子ベースの調味料で煮込んだピリッと辛いスープで、最後に生卵を落とすのが特徴です。

唐辛子に含まれるカプサイシンは、血流を改善し、新陳代謝を高める作用があり、体を芯から温めてくれます。

また、豆腐は女性ホルモンの働きを助ける「大豆イソフラボン」が多く含まれていて、美容効果もありますよ。

 

②参鶏湯

※こちらの商品は一部取り扱いの無い店舗がございます。

 

「参鶏湯(サムゲタン)」は、鶏のお腹の中にもち米や栗を入れ、高麗人参やニンニク、ナツメなどと一緒に煮込んだ薬膳スープ料理。

鶏を丸ごと1匹じっくり煮るので、コラーゲンがたっぷり。美容食として大人気です!

 

 

溶岩焼きビビンパ専門店『ファルファサン』は、大阪・東京など全国のUberEats(ウーバーイーツ)で韓国グルメを出前・デリバリー受付中です!

ご自宅やオフィス、出張先、ホームパーティ、または「今日のごはんはちょっと手抜きしたい」そんな時の食事としてもピッタリですよ!

ぜひ、みなさんもお近くの店舗で注文してみてくださいね♪

 

▼お店の詳細はこちら▼

https://farfasan.com/wp/shop/

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー